ルイボスティーは卵子の老化を抑える効果も期待

ルイボスティーは卵子の老化を抑える効果も期待

最近は晩婚化で卵子の老化などが問題になっていますが、最近は40代で妊娠することも珍しいことではなくなってきました。

 

日頃の生活スタイルなどを気を付けるだけで妊娠力を高める事ができるのです。

 

まず食生活面ですが、バランスの良い食生活をすることは当たり前ですが、サプリメントなどに頼らずに1日3回規則正しくしっかり食事を摂るということは最低限必要です。特に根菜類は体を温める作用があるので毎日の献立に使用するとよいです。また良質のたんぱく質がとれる大豆なども積極的に摂りたい食品です。緑黄色野菜はβカロチンを豊富に含んでおり、卵子の老化の原因である活性酸素を除去してくれる働きがあります。こういった野菜は摂りすぎることで害になることはないので、毎日できるだけ摂取したほうがいいです。

 

飲み物に関していえば、ノンカフェインティーを飲むことをおすすめします。カフェインの摂りすぎは冷え性の原因にもなるので、毎日飲むものはノンカフェインの方が安心です。ノンカフェインといってもたくさんのお茶がありますが、特にルイボスティーがおすすめです。

 

ルイボスティーは南アフリカ原産のお茶で紅茶のような色をしていますが、味はまったく違い、ほんのり甘みのあるくせのないお茶なので、ミルクなどを入れて飲んでも美味しくいただけます。このお茶は、カフェインが一切含まれておらず、タンニンもごく少量なので子供からお年寄りまで安心して飲むことができます。またミネラルを豊富に含み活性酸素の発生を抑えてくれる成分も含まれています。ルイボスティーを飲むことでカフェインの摂取を控えることができ、結果冷え性の予防ができます。また活性酸素を抑えてくれるので卵子の老化を抑える効果も期待できます。

 

妊娠しやすい体になるには、体の冷えも大敵です。現代はストレスや食生活の乱れなどから自然と冷え性になっている人が多いと思います。食生活を整え、ストレスを溜めないようにすることも大切です。冷え性予防には、毎日ゆっくり40度前後のぬるめのお風呂にゆっくり浸かることが有効です。ぬるめのお湯にゆっくり浸かることでリラックス効果も期待できますし、体の芯から温まります。またウォーキングなどの適度な運動も冷え性予防には有効です。