肌に吸収されにくいビタミンCも変化させると効果大

肌に吸収されにくいビタミンCも変化させると効果大

美白にはビタミンCが効くとよくいわれます。

 

しかし、ビタミンCそのものは、肌には吸収されにくいという特徴を持っています。ですから、ビタミンCそのものを肌につけても、美白効果は低いようです。

 

ビタミンCを変化させると効果大!

 

ビタミンCの効果を最大限に発揮するには、ビタミンCをビタミンC誘導体という形態に変化させる必要があります。ビタミンC自体はとても不安定な栄養素なので、ビタミンC誘導体に改良することで、安定して肌の奥までしっかりと浸透することができるようになります。そして、このビタミンC誘導体は、なんと厚生労働省にも美白に効果があると認められている成分なので安心して使用できます。

 

ビタミンC誘導体にも種類がある

 

実は、ビタミンC誘導体にはいくつかの種類があります。そのなかでも、しみ・そばかすに一番効果が高いといわれているのが、APPSといいアプレシエという誘導体です。このAPPSはなんと水にも油にも、どちらにもなじみがよく、水溶性ビタミンC誘導体と比べると、肌への浸透力が100倍にもなるそうです。さらに、水溶性ビタミンC誘導体に比べると、低刺激なので、敏感はだの方でも安心して使用できる成分だそうです。

 

APPSの効果

 

APPS には、美白効果だけでなく、活性酵素の除去やコラーゲンの生成効果もあるため、既にできてしまったシミを薄くする効果とともに、これからできるシミやそばかすを予防するという2つの効果があるため、しみ・そばかすのケアには最適のビタミンC誘導体です。さらに、しみ・そばかすだけでなく、ニキビ予防にも効果を発揮します。

 

取り扱いには注意が必要!

 

シミ・そばかすにとても効果のあるAPPSは、多くの化粧水に配合されています。ですが、若干安定しにくい為、取り扱いには注意が必要です。APPSは、直射日光や、空気、水に触れると劣化しやすい傾向があります。そのため、APPSが配合されている化粧水は必ず冷蔵庫で保管するようにしましょう。また、化粧水に粉末で溶かして配合されるため、効果を最大限に発揮できる期間が2か月程度です。2ヶ月過ぎてしまうと、分解されてしまうので注意して使用しましょう。