ニキビを勝手な思い込みで間違ったお手入れしてませんか

ニキビを勝手な思い込みで間違ったお手入れしてませんか

ニキビが出来てしまったとき、皆さんはどんお手入れをしているでしょうか。勝手な思い込みで間違ったお手入れをしている方、案外多いのです。にきびが出来たらどうすれば良いのか、正しいお手入れ法を紹介します。

 

原因特定

 

洗い過ぎは逆効果

 

ニキビが出来るとつい気になって皮脂や汚れをしっかりと落とそうと思うあまりに、1日に何度も洗顔したりゴシゴシ洗いをすると余計にニキビはひどくなっていくのです。

 

もちろん皮脂や汚れを落とすことは大切なのですが、洗い過ぎはお肌に必要な潤いまで落としていしまい、その結果肌の乾燥を招くのです。肌は乾燥すると角質層が厚くなり、毛穴を余計に塞いでしまうことでニキビが出来やすくなっていきます。予防のつもりがニキビの原因を作っていたという場合もありますので、洗顔方法を見直すことが必要です。

 

ニキビ肌には保湿が重要

 

ニキビ肌に保湿?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょうが、実は保湿は大変に重要なのです。

 

お肌の乾燥がニキビの原因になることはお話ししましたが、それを改善するためには保湿が必要なのです。ヒアルロン酸やセラミド配合の保湿美容液で十分に保湿をし、お肌に水分が保たれるようにすれば角質が硬くなって毛穴をふさぐことが無くなるのです。

 

油分はアクネ菌の栄養源になりますので、油分を抑えてお肌の水分補給をしましょう。また、ビタミンC誘導体配合の化粧水を使うと、お肌の赤みも軽減され、皮脂を抑えてニキビ予防に効果的です。

 

ニキビが出来やすい人の対策

 

色々試してもなかなかニキビの予防が出来ないと言う方は、定期的にピーリング剤を取り入れることも一つの方法です。

 

ピーリングは余計な角質を除去することにとても効果的で、お肌のターンオーバーを促進してくれます。ニキビの一番大きな原因である厄介な角質を上手く剥がすことで、ニキビのできにくい肌を手に入れることが出来るのです。

 

結論として、ニキビ対策にはさっぱりタイプの洗顔料を使用し、ビタミンC誘導体と保湿美容液でしっかりと水分補給というお手入れ法がお勧めです。

 

メルラインはあごニキビに良い?